今年4月から廃止された種子法

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

日本の種が危ない〜
今年4月から廃止された種子法
正式名称「主要農作物種子法」なんだけど
あちこちで、日本の食料が支配される
日本の農業が潰れる〜
種子法はモンサント法だ〜
『「種子を握れば、我々の命を掌握できる
食糧を支配できるんです。彼ら(モンサント)は
世界中の食糧を支配しようとしています」
 モンサントは、遺伝子組み換え穀物について
「特許」を保有しており、収穫した作物から
とれた種子を播くことを認めていません。
毎年毎年、農家はモンサントから種子を
購入し続けなければならないのです。
違反すると、モンサントの種子警察がやってきて、
告訴されます。(中略)』
なんて言ってるけど
これを見て本気にしている人がとても多い
ようですが、ウソだね^ ^
廃止された種子法は主要農産物である
イネ、ダイズ、コムギ、オオムギが対象で
それらの作物品種の原種・原原種の
生産と安定供給を都道府県がちゃんと
実施できるようにするための法律です
なので、種子法が廃止されたことで
農作物の自家採種ができなくなるとか
ましてや伝統野菜の種子を伝承してきた
農家が自家採種できなくなると思い込んで
いる人がいますが
そういうふうにはならないです。
この主要農産物の自己採取している人は
いないでしょう
自己採取するというのは、とても手間がかかるし
交雑もあるから農協も受け入れないはず
みんな、農協から購入している
自己採取しているのは、自然栽培や有機栽培している
ほんの一部だと思う
種子法制定から国の指導のもと
米でいえば330種類の品種を開発している
種子生産者の技術水準の向上等により、
種子の品質は安定 ・ 農業の戦略物資である
種子については、多様なニーズに対応するため
民間ノウハウも活用して
品種開発を強力に進める必要がある
しかしながら、 都道府県と民間企業の
競争条件は対等になっておらず
公的機関の開発 品種が大宗を占めている
都道府県による種子開発・供給体制を
生かしつつ、民間企業との連携により
種子を開発・供給することが必要ということです
要するに、今まで農協が独占していたのを
民間にも門を広げたということ
また、種苗法21条は新品種として登録された
品種の権利を示す条文
この条文をもって生産者の自家採種が
一切禁止されていると思い込んでいる人が
いますが、それも誤り
 確かに、農林水産省に品種登録されていて、
その権利が育成者にある品種で、
さらに農林水産省が設定した品目の範囲に
入る品種であれば、その自家採種に制限がかかる

 しかし、品種登録されたものでも
権利(著作権)の期限が過ぎているものや
もともと品種登録されていない伝統野菜
在来作物を自家採種するのは全く問題ない
 登録された新品種は種苗会社や公的農業試験場が
時間と資金を投資して改良した品種であるので
その権利を守ることはあたりまえ
むしろちゃんと日本の種苗会社や公的農業試験場の
育成品種の権利を守っていくことが
日本の農業を守ることに繋がる
今懸念されている
農産物の知的財産権の海外流出
あのカーリング女子日本代表「LS北見」が
食べていたことで、一躍世間の注目を集めた
韓国産のイチゴ。
メンバーからは「びっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした!」
との発言もあったようですが
「日本から流出した品種をもとに韓国で交配された盗作イチゴ」
「昨年6月、農林水産省は、日本のイチゴが韓国に流出したことで、
日本産イチゴの輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失。
また、およそ1300億円といわれる韓国のイチゴ市場からの
ロイヤリティの損失は、年間16億円になるとの試算をまとめたのです」
中国を含めて世界的には5,000億円の損失
ともいわれている
安倍政権になっておいしい日本の農産物を
輸出しようと政策たて
輸出しようとしたら
すでに日本の盗作農産物が
海外に出回っていたということです
なので、今まで知的財産権に意識が薄かったので
しっかり意識していこうということですよね。
なんで、ここにモンサントがでてくるのか
理解できない
種子法が廃止されて困るところはどこか
わかりますか
そこが、モンサントと煽っているんだろう
食の悪の根源とされている
遺伝子組換食品をだせば
手っ取り早い方法なんだろう
種子法は国から税を注がれ
一社で独占していた既得権益なんだよね
この種子法廃止は、民間と公平に開発競争させて
安くておいしい種子を作ろうという試み
俺は、遺伝子組み換え食品は食べたくないし
日本で栽培されたくないと思ってるけど
あっちこちでモンサント、モンサントと
叩くのが腑に落ちないんだよね
買わなければいい訳だし
ものすごく有名な話の中から、自分に都合の良い部分だけを
抜き出して脅してる情報がたくさんあるので、まずは疑ってかかる
これ大切です♫

普段食べている食品からからわかる!味覚とは?

普段何気なく、食べているものは安全なのだろうか?
生物というのは、危険を察知するいろんなセンサー機能を持っていて、その機能をフルに使って生きている。
でも人間は、使ってないようだ。特に、今のように平和ボケしているとなおさら機能してないような気がする。
例えば、外食しても、スーパーで食品を購入してもほとんどのものが添加物が入っている。
でも、ほとんどの人が、これが普通だと思ってるし違和感も感じていないようだ!
しかし、身体に良い食品とはと何かと考え、今の食事を見直して、食の知識をつけ一定期間、添加物を避けていると、舌のセンサーがリセットされる!
添加物が識別することができるようになる。
嫌な甘さ、嫌な旨さが感じられるようになる
以前は感じなかったのに
メーカーは、商品が売れるように、必要以上に味をつける。
タンパク加水分解液、アミノ酸で旨味つける、そしてその味がいつまでも舌に残るように増粘剤を添加さらに保存料・・・
添加物や食材の知識がつけば全て識別できるようになる。
舌というのは、旨味、塩味、辛味、渋味、甘味などの五味のセンサーがある。これを味蕾(みらい)という。この味覚集合体によって感知される。
味蕾は、舌だけじゃなく、舌以外の口の中(上あご、喉の奥など)にもある。
味蕾の数は、舌には5,000~9,000個、舌以外の部分には2,000~2,500個あるといわれている
この味蕾がいつもメッセージをだしているのだが

でも本人は、気づいていない。

気づいているのは自律神経だけ
例えば、風邪、口の中に外敵(ウィルス)が入ってくると咳をする。食品が傷んでいれば、嫌な味がするのもわかる。それによって菌を殺そうと唾液をだす。
これは、本人の意識と関係なく自律神経が差配している。
普段口にするものを、よく咀嚼して口内全体で感じとってみてほしい
そうすれば、徐々に味覚が感じ取れるようになると思う

生物は、歴史的に散々火事を経験してきたから
煙の匂いには危険を感じる。だから嫌いだ
煙草を吸っている人は気がつかないが
煙草の煙というのは、煙草を吸わない人にはとても嫌な匂い
俺も、10年前まで煙草をプカプカ吸っていた。禁煙して初めてこんなに嫌な匂いなんだとわかりました。

今でこそ、受動喫煙防止法案とか出されているけど
専売公社時代は、じゃんじゃんテレビコマーシャルして喫煙を煽っていたし
どこでも喫煙できた。病院の待合室にも灰皿がおいてあったという
いまは、肺ガンの原因になるからやめろという

時代が変われば指導も変わる

昔は、人が集まる施設には、耐火性の強いアスベストを使えと国の機関が指導してきた。
でも、今は使用禁止になっている。ある一定期間をすぎると、肺ガンなどの
健康被害があることがわかったから

何が言いたいかというと、 

当時の科学では安全だったけど、今の科学では安全ではないということもある
いまの常識は、未来に非常識になることもある
科学は、まだまだ解明されていなことがたくさんある
ヒトの遺伝子が、2000年には、すべて解読されたといわれるが
一つ一つの働き、どのように連動して働くのかというのは、まだ10%くらいしか解明されていない

その科学の中で安全だといっているということを
理解することが大切ですね!

メーカーは売れる商品のキャッチコピーを考え
お客さんが興味を引く事を考え
人気芸能人を使って宣伝をする
一方で無添加食品を販売してるメーカーは、あれが、これが危ないと化学物質の固有名詞をあげて
消費者は、危機感を煽られ、躍らされる。

でも、今の科学でも解明できないことが沢山あるんだからハッキリとした線は引けない

過去の先例、100年、200年、1000年と続いているものが安全ということだ
だから私は、発酵食を研究している

まずは、目や耳から入る情報を鵜呑みにせず、自分の味蕾と向き合っては如何だろうか!