塩レモンは使いみち豊富なんです

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

山口県産の無農薬レモンを
いただいたので

果汁は、白ワイン、蜂蜜と合わせて

グラニテ(シャーベット)にして

 
 

作り方は

果汁に対して、白ワイン10%(火を通してアルコールをとばす)
蜂蜜でお好みの甘さに(グラニュー糖でもいいです)
味を整えて、冷凍庫で凍らせます
凍らせる途中2回くらいかき混ぜて、空気を含ませます
固まれば出来上がり

 
 

果皮は、塩レモンに

使うのは1年後と決めて
塩は、13%くらいにしてみました。

塩で軽くもんで便に詰めて出来上がりです。
常温で(できれば冷暗所)途中経過をみながら
一年後につかいましょう。

熟成期間を長く取る時は塩は多めだね
でも、塩が15%越えると微生物や菌が
活動しにくくなるから注意です。

こちらは、、3年ものです

使い方は、スパイス的な使い方をします。

梅干しみたいな使い方すればいいですね。

レパートリーとしては

パスタ・鍋・肉料理・魚料理・炒飯・焼きそば・ドレッシング
・ドリンク・サラダなど、素材の旨みを引き出す使い方、
かけるだけ、混ぜるだけでも立派な料理になリます。

 
 
塩レモンのルーツは、モロッコで、日本の醤油や、
味噌のような使い方をしています
モロッコ料理では、肉や魚などの臭みを消すという役割が
大きいらしいです。イスラムの教えに従って生きている人が
多いので、料理にお酒を使うことはできないからでしょうね。